M&A・企業再編

M&A・企業再編の活用方法について

M&Aとは、「Mergers(合併)and Acquisitions(買収)」の頭文字を取った言葉です。

 

企業が合併したり売買したりすることにより、企業の形を再編していくので、企業再編とも言います。

 

M&Aを活用すると、企業が大きく業績を伸ばすことにつながったり、危機に瀕した企業を救ったりすることも可能となります。

 

今回は、これから企業が生き残っていくために重要なM&Aに関する知識を、虎ノ門法律経済事務所の弁護士が紹介します。

 

1.M&Aとは

M&Aは、企業が合併したり買収したりすることにより、企業再編を行う方法の一般的な呼称です。

 

M&Aの手法は非常にさまざまです。

 

たとえば2つの会社が合併することもありますし、会社分割をすることもあります。

 

株式譲渡や株式交換を行うこともありますし、事業譲渡によって事業承継するケースなどもあります。

 

2つ以上の会社が親子関係を作る際にもM&Aが利用されます。

 

M&Aをうまく活用すると、企業が抱えているさまざまな課題をうまく解決することができるので、経営者にとって、非常に有益です。

 

2.M&Aのメリット

M&Aでは、どのようなことができるのでしょうか?メリットを確認しましょう。

 

エリアやシェアを拡大できる

同業種の会社を吸収すると、その会社が事業展開しているエリアへの進出が非常に容易です。

 

また、その企業のシェアを自社が吸収することにより、自社のシェアを一気に拡大することができます。

 

業種を拡大できる、相乗効果を期待できる

別の業種の企業を吸収すると、自社の取扱い業種を広げることができます。

 

関連業種を買収すると、もともとの事業も強化されて、相乗効果が生まれることも多いです。

 

後継者がいないときに、事業承継できる

M&Aは、よく後継者のいない企業において、用いられます。

 

自社を信頼できる企業に買い取ってもらうことにより、事業を新会社に承継するのです。元の経営者は株式の売却金を手にしてハッピーリタイアすることも可能となります。

 

 会社経営が苦しいときに救われる

M&Aは、会社経営が苦しい場合にも役立ちます。

 

自社の事業に価値があると考えてくれる会社に買い取ってもらい、経営を委ねることにより、企業の倒産を防ぐことができます。

 

3.M&Aを弁護士に依頼するメリット

M&Aは、非常に複雑な手続きであり、素人ではなかなか成功させることができません。

 

法律及び財務の両面からの専門家によるサポートが必須です。

 

特に、M&Aでは、デューデリジェンス(DD)という相手企業の精査の手続きが非常に重要です。

 

適切にDDを行っておかないと、相手企業を見誤って、後に大きな不利益を受けるおそれもあります。

 

税務DDと法務DDが必要となるので、当事務所のように、法律家と税務のプロの両方がいる事務所に強みがあります。

 

会社の業績をもっと延ばしたい方、事業承継したい方、事業再生を考えている方などは、是非とも一度、虎ノ門法律経済事務所までご相談下さい。

0120-808-708 受付時間 09:00〜19:00

ご相談の流れはこちら

0120-808-708 予約受付時間 平日9:00〜18:00/第1・第3土曜日10時~16時