労務問題

労働トラブルを抱えたみなさまへ

  • 円満退職したはずの社員から、未払い残業代を請求された
  • 不良な従業員を解雇したところ、「不当解雇」と主張されている
  • 労働審判を提起された
  • 社内でパワハラ、セクハラが行われている

 

このようなトラブルを抱えておられるなら、お早めに弁護士までご相談下さい。

 

1.企業にとって避けがたい、さまざまな労働トラブル

企業が抱える労働トラブルの種類は大変多いです。

 

未払残業代を請求されることもありますし、不当解雇であると主張されることもあります。

 

懲戒解雇をしたら無効と言われることもありますし、退職金規程を変更しようとしたら、不利益変更に該当するので認められないと言われることもあるでしょう。

 

従業員を雇って企業経営をする以上、労働トラブルは避けがたいものと言えます。

 

2.労働トラブルが企業に与える影響

しかし、労働トラブルが発生すると、企業にとっては多大な悪影響が及びます。

 

まず、対応に追われるため、営業活動に支障が発生します。

 

また、残業代や未払退職金などの金銭請求をされて支払が必要になると、財務状況も圧迫されます。

 

さらに、労働トラブルが起こったことによって企業のイメージが低下し、商品やサービスが売れにくくなったり、能力のある新入社員を雇いにくくなったりすることもあります。

 

そこで、労働トラブルは、起こるより前に、予防することが重要です。

 

そして、起こってしまったトラブルについては、可能な限り速やかに解決してしまうことです。

 

3.弁護士がお手伝いできること

企業が抱える労働問題に、弁護士がお手伝いできることは、非常に多いです。

 

まず、トラブルを予防するために役立つ就業規則作りや労働契約書の作成をサポートします。

 

また、就業規則の実際の運用や従業員に対する研修などのお手伝いも行いますし、セミナーなどを開くことも可能です。

 

実際に従業員とトラブルになり、残業代請求などをされたときには、速やかに企業側に立って対応し、ダメージを最低限に抑えるべく、最善の対応をいたします。

 

従業員から内容証明郵便が届いた段階ですぐにご依頼いただき、弁護士が早期に対応することによって解決ができれば、労働審判や労働訴訟などによって無駄な労力を割く必要もありません。

 

労働者が不当な請求をしている場合には、弁護士が矢面に立ち断固たる態度で拒絶することで、無用な支払をせずに済ませることができます。

 

顧問契約をしていれば、常日頃から弁護士が適切なアドバイスを行いますので、トラブルが発生する可能性を大きく減らすことにつながります。

 

4.労働問題への対応は、虎ノ門法律経済事務所にお任せ下さい

虎ノ門法律経済事務所は、企業法務に非常に力を入れており、労働問題にも強い事務所です。

 

税理士も在籍しているので、法務だけではなく、税務会計の側面からも企業をサポートいたします。

 

従業員とのトラブルを効果的に予防されたい企業様や、従業員から各種の請求を受けてお困りの企業様は、是非ともお気軽にご相談下さい。

0120-808-708 受付時間 09:00〜19:00

ご相談の流れはこちら

0120-808-708 予約受付時間 平日9:00〜18:00/第1・第3土曜日10時~16時