債権回収

企業が適切に債権回収を行う重要性について

  • 取引先が売掛金の入金をしない状態が続いている
  • 債務者が破産する前に債権回収したい
  • 他にもたくさん債権者がいるようなので、先んじて取り立てをしたい
  • 賃貸業を行っているが、テナントや賃借人が賃料を支払わない
  • 支払をしてもらいたいが、どのように請求をしたら最適か、わからない

 

上記のようなお悩みがある場合には、是非とも一度、虎ノ門法律経済事務所までご相談下さい。

 

1.債権回収の重要性

企業が社会内で活動をしていく場合、各種の債権が発生することは避けられません。

 

たとえば、売掛金が発生することは頻繁にあるでしょうし、建築業者などの場合、請負代金が発生することもあります。

 

お金を貸し付けると貸付金債権、不動産経営をしていたら賃料債権が発生します。

 

このような債権について、相手が未払いの状態になると、自社の経営にも多大な悪影響が及びます。

 

そもそも、上がるべき収益が上がらなくなるので資金繰りが悪くなってしまいますし、債権回収に労力を割くことにより、本来の事業活動に支障を及ぼすケースもあります。

 

企業経営を健全に続けていくためには、いかにスピーディに、かつ確実に債権回収を進めるかが非常に重要となってきます。

 

2.債権回収の手法の選択

債権回収には、さまざまな方法があります。

 

まずは、相手に対して直接督促をする方法が基本ですが、相手が任意に支払いをしない場合には、早期に法的な対応方法に切り替えなければなりません。

 

裁判所を使った法的手続きにもたくさんの種類があるので、ケースに応じて適切な方法を選択して、適切に実行していく必要があります。

 

3.債権回収を弁護士に依頼するメリット

債権回収を成功させるためには、弁護士に対応を依頼すべきです。

 

3-1.スピーディな対応が可能

1つには、非常にスピーディに請求手続を開始することができるメリットがあります。

 

債権回収をするときには、相手が資産をもっているうちに早期に進めることが最重要です。

 

後になればなるほど、取り立て対象の資産がなくなってしまうからです。

 

弁護士に依頼すると、即時に相手に対するアプローチを開始し、その後も速やかに各種の手続きを進めていくので、確実に債権回収しやすいです。

 

3-2.適切な方法を選択できる

債権回収には、さまざまな手法があり、ケースによっても最適な方法は異なります。

 

自社で取り組むと、そうした判断ができずに、不適切な方法で時間を無駄にしてしまうこともありますが、弁護士に依頼すると、常に最適な方法を選択することができるので、失敗はなくなります。

 

4.債権回収なら、虎ノ門法律経済事務所までお任せ下さい

当事務所は、債権回収を非常に得意とする事務所です。

 

企業から丁寧にヒアリングした結果をもとに最適な方法で、スピーディに取り立てを行います。

 

未払の債権がある場合には、専門ノウハウを有する当事務所までご相談下さい。

0120-808-708 受付時間 09:00〜19:00

ご相談の流れはこちら

0120-808-708 予約受付時間 平日9:00〜18:00/第1・第3土曜日10時~16時