コンプライアンス

コンプライアンス・内部統制

 

1.企業に求められるコンプライアンスの重要性

現代の企業には、「コンプライアンス」が求められています。

 

コンプライアンスとは、「法令遵守」のことですが、単純に法律さえ守っていれば良い、というものではありません。

 

それ以上に、社内における規律を整備し、社会規範を守り、社会貢献をしていくことまでが期待されています。

 

そのためには、企業の「内部統制」が非常に重要です。

 

近年、企業に対する社会の目も厳しくなり、正しい方法で社会的責任をまっとうしているか、注目されています。

 

しかし実際には、特に中小企業の場合、目の前の経営に追われて、内部統制の整備にまで手が回らないことがほとんどです。

 

大手の企業ですら、食品偽装問題や誇大広告、情報漏えいなどのさまざまな不祥事を起こしています。

 

今後、企業が発展していくためには、コンプライアンスの遵守が重要です。

 

2.内部統制を進めるための手順

 

2-1.内部統制を整えるのに必要な準備

企業が内部統制機能を作り、コンプライアンスを実現するためには、まずは、企業の経営理念や社内の行動指針が明確になっていて、適切な環境が整っていることが必要です。

 

その上で、以下の事項を定めて、内部統制機能を整える準備をしましょう。

 

  • 実現したい内部統制の原則や方針、範囲
  • 内部統制の構築を実際に進める責任者の選定
  • 内部統制構築の具体的な手順とスケジュールの策定
  • 内部統制に関わる人員構成や教育及び訓練の手法

 

2-2.適切な機能、環境の整備

効果的な内部統制機能を構築するため、具体的には、以下のような機能や環境整備が必要です。

 

  • リスクを洗い出し、問題が起こったときの原因を特定する機能
  • 業務プロセスを標準化して、社内の統一基準を作る
  • 責任及び権限を明確にする
  • 虚偽広告、虚偽の説明を行うリスクへの理解を社内に浸透させる
  • 有効な社内の情報伝達機能を構築する
  • 有効なモニタリング機能
  • 問題があると判明した場合の是正機能

 

3.企業のコンプライアンス対策、内部統制構築は、虎ノ門法律経済事務所にお任せ下さい

コンプライアンスのために内部統制機能を構築する際には、専門知識とノウハウが必要ですが、社内に適切な人材が所属していることは非常に少ないです。

 

仮にいたとしても、会社と利益相反の関係が生まれるので、なかなかコンプライアンスを徹底しにくいです。

 

弁護士が会社の内部統制作りに関与すれば、企業を客観的な視点から判断して、適切なルールや基準、制度を作り上げます。

 

また、それを社内に浸透させるための措置を講じることにより、効果的に企業のコンプライアンスを実現することができます。

 

虎ノ門法律経済事務所は、弁護士と税理士の両方が在籍しており、企業を法務面と税務面からサポートすることができる総合事務所です。

 

企業の内部統制を構築してきた実績も多数ありますので、コンプライアンス遵守のため、是非とも一度、ご相談ください。

0120-808-708 受付時間 09:00〜19:00

ご相談の流れはこちら

0120-808-708 予約受付時間 平日9:00〜18:00/第1・第3土曜日10時~16時